2018年12月2日日曜日

来季へ向けて巣枠を考える


これまで巣枠式(正確には上桟式)で複数段の構成でニホンミツバチを飼う試みをしてきた。わずか数年の経験ながら、複数段構成では2段までは造巣が進むが、その先3段以上になることはなかった。最初の捕獲群は越冬したものの次の夏に2段構成を維持したまま、ついに逃去してしまった。

実際に複数段を実践している人たちのサイトなど覗いてみると、こまめに採ミツできるように最上段の丈を短くし、隔王板を使って女王の行動範囲を2段以下に制限しているようだ。隔王板は、セイヨウミツバチでは産卵範囲を限定するため普通に使われている。なるほど和バチでもその手はあるとは思うが、隔王板の使用はあまり気が進まない。

分封して入居した新しい群の成長を見ていると、育成の核となる産卵・飼育圏を中心として、巣脾が楕円状に拡大しつつ、上部は貯ミツ圏となり産卵・飼育圏はしだいに下方へ移ってゆく。

5月1日に分封して飼育がスタートしたヤマザクラ群の約3週間後の巣脾の状態を次の写真に示す。

 
5月20日 ヤマザクラ群 産卵・飼育圏を中心として楕円状に拡大

ヤマザクラ群では、このときすでに写真の巣脾の高さは250mmを超えていた。巣枠化するため巣脾の下部を切り取って高さ180mmの巣箱に収めようとすると、産卵・飼育圏を分断することになる。ヤマザクラ群はこのあと、紆余曲折を経て巣枠化を断念した。

いっぽう、まだ巣脾の成長がさほど進んでいなかったカキノキ群は曲がりなりにも巣枠化に成功したが、その十分に成熟した巣脾を次の写真に示す。


10月21日 成熟したカキノキ群の巣脾 高さは160mmほど

見比べてみると、自然に成長したヤマザクラ群の巣脾に比べて、高さ180mmに制限されたカキノキ群の巣脾は、貯ミツ圏、飼育圏がはっきり区別されてはいるもののなにか不自然な印象を拭いきれない。ハチたちはもっと自由に巣脾の高さを伸ばしたいのではないか。

いろいろなタイプの巣箱はあるが、ミツバチ研究者の玉川大吉田氏の考案したAY式の巣箱は1段構成で高さが500mm、日本在来種みつばちの会の藤原氏の現代式縦型巣箱は多段構成も可能で1段の高さは240mmある。藤原氏の著書を参照すると2段程度を想定しているようにも読める。

いっぽう、和バチ養蜂で一般的な重箱式の巣箱では、巣箱の高さは巣脾を制限する要素とはならない。サイトの影響力から広く普及していると思われる京都ニホンミツバチ週末養蜂の会の巣箱は220x220x150mmで、この寸法だと1段がすばやく貯ミツで満たされて採蜜しやすいからとしている。

当方の巣箱にしても、250x250mmの内寸は所属する会の巣箱に倣ったもので、高さ180mmは巣箱作りの素材が近所のHCで安価で入手しやすかったからである。

そこで来季の巣箱では巣脾の成長を妨げず、採蜜にもある程度配慮した構造を導入することにした。
  1. 巣箱は現行の250x250x180mmで板厚24mmを流用する。
  2. 巣枠は半枠として竹ヒゴの横桟を入れる
  3. 巣箱構成は巣箱2段+巣門段とする。
ここでの半枠とは、門構えに竹ヒゴの横桟を入れたもの。竹ヒゴは構造的な補強と巣脾を保持する働きをする。竹ヒゴは庭の竹を切って裂き、ヒゴ抜きで整形(丸くはらないが)して作った。

 
ヒゴ抜き                       竹ヒゴ


来季の半枠


上桟と三角柱のスターターは今季と同じ

半枠の縦桟の長さは270mmだが、上桟の材を流用しただけで深い意味はない。上の竹ヒゴは上桟から130mmの位置にある。1枚の巣脾が上から120mmくらいまで満ミツになったら、その部分を採ミツすることを想定している。採ミツした残りの巣脾は、2本の竹ヒゴと縦桟で保持されるだろう。その半枠はそのまま巣箱に戻せば、採ミツで空いた空間はすぐにハチたちが造巣して、またミツで満たしてくれる。この繰返しで巣脾への損害を最小にして採蜜を続けることができる。あくまでも取らぬ狸の皮算用だけどね。ははは。

巣箱は巣門段を入れて3段あれば540mmになるので、AY式の500mmを超え、ハチは自由に巣脾を伸ばすことができる。

一番の課題は、この2本の竹ヒゴをハチたちが造巣の障害と感じるかどうかだ。そのためになるべく細い竹ヒゴとしたのだが、ハチの気持ちは結果をみなければわからない。ハチが竹ヒゴが邪魔で造巣を止めれば、この計画はアウト。成功するようなら待箱にもこの半枠を使いたいが、そうは問屋が卸すかどうか。

2018年12月1日土曜日

コナラ群の給餌は失敗

コナラ群の給餌を昨日、今日とチェックしたが、まったく減っていない。作り置きしたので変質したのかと味見してみたが甘いだけで変化なし。前回の計量のあと、コナラ群にだけ給餌したときは一晩で砂糖水はほぼなくなっていたのに、今回は見向きもしない。

給餌は諦め、砂糖水を引き上げた。前回の計量からほぼひと月。その間、給餌は1回したが巣箱の重量はほとんど変わっていなかった。取り越し苦労であることを願う。


今朝のコナラ巣内

他の群でも同様か? 確認のため、給餌皿をそのままカキノキ群へ移してみた。はたしてどうなるか。

2018/12/07追記
カキノキ群では、移した翌日にチェックするとわずかながら砂糖水の消費が見られ、4日ほどで完全に砂糖液はなくなった。やはりコナラ群はいまひとつ元気がないようだ。

2018年11月29日木曜日

巣箱の重量を測る

ブログを引っ越しはしたが、もうこの時期になるとハチたちの活動も落ち着き、記事にするようなできごともあまりない。どの群もお天気がよければハチたちの出入りは活発で、いまだに花粉を運び込んでいる。残す懸念は3つの群が無事に越冬できるだけのミツを集めることができたどうかだ。そのためには吊り秤を使って巣箱の重量を計量し、その変化を見ると一番わかりやすい。

今日は、取り寄せた吊り秤が届いたので巣箱の重量を測ってみた。

吊り秤は以前から持っていたが、ディスプレイが取手の上面にあり、手提げにして測るには見やすいが、巣箱を吊るした状態だと見にくい。三脚に吊るした場合、脚立でも使って上から覗き込まないと数値が見えない。そこでwebを漁って、計測状態で正面にディスプレイがくる秤を探して取り寄せた。

 
右が新たに取り寄せた吊り秤 送料込みで1000円程度だから驚く もちろん中国製


 
とても見にくい                     これなら見やすい

思いついて途中から測りだしたので精度はいまいちだが、こんな結果が得られた。どの群も計量した巣箱の段数は同じだが、コナラ群は巣箱自体の重量はやや軽い。

重量はヤマザクラ群が圧勝で、増加傾向にあるのはこの群だけ。あとは重量がわずかながら減っている。といってもこの程度なら大きな問題はなさそうだ。

巣内を撮影してみると、このとおりだった。

コナラ群は以前からハチが少なめだったが、ちょっと心配。この群は分封で女王は代替わりしているが、なぜか以前からあまり密に巣を作らない。とりあえず作り置きの砂糖水を給餌しておいた。

 
コナラ群                        給餌


カキノキ群

カキノキ群は3段目にハチの姿は見えないが、おそらく見えている上桟を巣底とみなしているのだろう。1、2段目に密集しているはずで心配はいらない。


ヤマザクラ群 これなら問題ない

2018年11月10日土曜日

新しいOJer Blogについて

今後(2018/11/10~)、OJer Blogは、GoogleのBloggerに投稿することにしました。

いままで利用していたFC2ブログの過去の記事も、おいおいこちらへ引っ越す予定です。現在のところ2016以降の記事は、公開されているインポートツールを使って、ざっと引っ越してあります。ただし、テキストはほぼ正確に引っ越しできますが、写真についてはインポートツールがないので、FC2でバックアップした写真を個別にコピー&ペーストするしか手がありません。現時点では2018年の写真は移行が済んでいますが、2016、2017年の写真はFC2に実体があります。ブログ内のリンクも2015年以前の記事へのリンクはまだFC2の記事へ飛びます。また、過去の記事のコメントについては移行しません。

実は、FC2のブログは、一定期間更新しないと広告が表示される縛りがあります。最近その猶予期間が短くなり、頻繁に更新の催促がくるようになりました。要はそれが煩わしくなったための引っ越しです。

2018年10月24日水曜日

カキノキ群の内検

カキノキ群の内検を2日に分けて実行した。一度に内検してしまうと、ハチを騒がせすぎるような気がするのだ。

2018年10月20日 久々の秋晴れ

まず、2段目から。

はじめて短い見台を巣箱の上に置いて使用した。巣門側から2枚を取出して上桟掛けに移して巣内にスペースを作り、残りの巣脾を見台に置いて観察する。見台を直接巣箱と上桟の上に置いて使ったが、ハチの安全のためには、麻布を上桟の上に敷き、それから見台を置くべきだった。

手前の2枚上桟を取りだしてスペースを作り、残りの上桟は手前へずらしながら見台へ移す。

 
1枚目を上桟掛けへ                 2枚目も上桟掛けへ

1枚目は小さな巣脾があるだけ。全体に形の乱れた巣脾が多い。ハチの密度は2~5枚目に集中している。飼育巣房は散見する程度。

 
3枚目 以下は見台                 裏
   
 
4枚目                       裏

 
5枚目                       裏

 
6枚目                       裏 

 
7枚目                       裏

 
8枚目                       裏

2段目は、わずかに飼育房があるがほとんと貯ミツ房だ。有蓋の貯ミツ房がほとんどないのでミツ量も十分な状態とはいえない。

2018年10月21日 日曜日 今日も秋晴れ                     

1段目の内検。

昨日の2段目では巣脾を取出してもハチたちは落ち着いていて動揺しなかったが、1段目を開けたときのハチたちの反応は敏感で動きが激しい。騒ぎだすまでは至らなかったが、ハチたちがこの段が育児のコアであることを認識しているからだろうか。

1枚目はほとんどミツ房。半数ほどが有蓋となっている。

 
1枚目                       裏

2枚目以降は上部は有蓋のミツ房、下部は有蓋飼育房。中間には幼虫が見られる健全な巣脾の状態。6枚目から先は巣脾の形に乱れが見られる。

 
2枚目 ここまで上桟掛け               裏

 
3枚目 ここから見台                 裏

 
4枚目                       裏

 
5枚目                       裏

 
6枚目                       裏

あと7~8枚目はまた貯ミツ房のみとなる。

 
7枚目                       裏

 
8枚目                       裏

カキノキ群の1段目は総じて健康そうだが、2段目の貯ミツ状態は十分とはいえない。セイタカアワダチソウの花期が過ぎたら少し給餌しよう。

ちょいと気がかりなのは2段目が貯ミツのみということだ。重箱式で上部が貯ミツ用になるのには意味がある。下部に飼育房があってハチたちの活動で常時38℃程度に保たれていれば、その暖気は上に上がって貯ミツ部を温める。しかし、カキノキ群のように貯ミツ部が下にあると、ハチたちは冬期1段目に集まって蜂球を作り、ハチのいなくなった2段目は冷え切ってしまう。あまり冷えるとハチたちは食料とする貯ミツを取りに行けなくなる恐れがある。1、2段を入れ替えるという荒業をやればやったで、スムシが跋扈するかもしれず、悩ましい。

2018年10月11日木曜日

ヤマザクラ群の構成変更

昨日、カキノキ群とヤマザクラ群の内検をした。

カキノキ群はミツは少ないながらも充実している様子で、これからセイタカアワダチソウの流ミツが始まるから、それに期待することにしよう。

 
カキノキ群の巣脾

カキノキ群は安泰だったが、ヤマザクラ群は人の介入が必要なようだ。

1段目を開けてみると、前回9/6に真新しかった盛上げ巣は古びてしまい成長していない。前回は多数のハチが巣脾を囲んでいたが、ハチの姿も少ない。1段目は放棄されてしまった様子。

 
ヤマザクラ群 1段目内検中              1段目にハチが少ない

巣門段の扉を開けてみると、ハチが鈴なりになっている。

 
蜂球が垂下がっている                 上桟にぎっしりハチが

巣門段の上桟はハチでいっぱいになっているが巣を作る気配はない。ヤマザクラ群は1段目の営巣を放棄する一方、巣門段へ巣脾を伸ばす意志がないのだ。巣門段+3段の構成で、営巣は2、3段目のみに集中し、上へも下へも巣を伸ばす気配がない。2、3段は重箱式になっていて巣脾が連続しているが、その上も下も上桟で区切られている。原因は不明だが、おそらく、この上下の上桟がハチたちには鬱陶しいのではないか。中途半端な上桟を取っ払い、自然な重箱式にするのがよかろう。

そのために、現在の最上段の巣箱を3段目にローテして、不要な上桟を取っ払う。

  1. 現在の1段目を外して2、3段目を1、2段目にする。
  2. 現在の2段目の上桟にできた盛上げ巣を除去する。
  3. 旧1段目は上桟を外して落下防止棧を付け、現3段目の下に継箱する。

これで現2段目を最上段とする素直な3段+巣門段構成の重箱式に切り替わり、新3段目はハチたちの自由な空間として利用できるようにになる。

 
2段目の上桟から巣脾を除去             貯ミツはまったくない

 
いったん蓋を閉めておく

 
上桟を外し落下防止棧を設置

巣箱リフトでり上げ

 
巣門段の上桟を撤去

 
改造した旧1段目を巣門段の上に置く

 
ヤマザクラ群の新しい構成

ハチたちにとってみれば大騒動である。ちょっと心配で巣の中を撮ってみた。

 
2段目の底まで見事な蜂球を形成していた

写真をみて一安心。見事な蜂球ができていた。チたちは、これでのびのびと営巣に励むことができるだろう。越冬に備えて十分な蓄えをしてほしい。